【賛同依頼】加計孝太郎理事長の刑事告発および文科省への意見書

11月10日に文科省は加計学園の設置認可を認める方針であると報道がなされていますが、認可されても疑惑の解明は全く終わっていません。認可されるからこそ安倍総理のお友だちに不当な優遇がなされたのではないかという疑惑を究明することが求められています。

多くの庶民は生活が苦しいと感じているのに、安倍総理のお友だちになれば何十億もの税金が自分たちのポッケに転がり込む。そんなことがまかり通り続けるなら、日本は正直者がバカをみる国に成り下がってしまいます。

加計学園の建築費水増しによる補助金詐欺問題に関して、私たちは10月16日山口地検に対して安倍総理大臣、11月1日松山地検に対して加計孝太郎理事長、菅良二今治市長を刑事告発しています。

11月1日に文部科学省に対して、加計学園の設置認可は不当であるという意見書を提出しています。奇しくもその翌日の11月2日に大学設置審が開かれ加計学園が認可の方向であると報道されました。

加計孝太郎氏・安倍総理への告発運動、モリカケ共同追及プロジェクトは1万人の賛同者を集めモリカケ問題をうやむやにさせない民意の可視化を行ってきます!賛同をいただける方は、本投稿の最後にある賛同者申し込みフォームに記入ください!!

ーー文部科学省への意見書ーー

文部科学大臣 林芳正 様
審議官(高等教育局担当) 松尾泰樹 様
高等教育局高等教育企画課大学設置室長 安井順一郎 様
大学設置・学校法人審議会長 様

加計学園の大学設置審査に関する意見書

2017年11月1日 「モリカケ共同追及プロジェクト」木村真・黒川敦彦「森友・加計告発プロジェクト」

平素は、我が国の教育科学政策の立案と実行にご尽力いただきまして、深く感謝申し上げます。
私どもは、森友・加計問題について真相の究明を行って来た市民団体です。11月上旬に加計学園設置認可に対して大学設置審の答申がなされると文科大臣が発言されていますが、以下の観点を考慮し、私どもといたしましては、現時点での認可は妥当ではないと考えております。甚だ不躾ではございますが本件意見書を提出させていただきます。

① 加計学園は今治獣医学部の建設に際し、建築費の水増しによる補助金の詐取を行おうとしている疑惑があり、市民団体が主体となり10月16日山口地検に対して安倍晋三氏、11月1日松山地検に対して加計孝太郎理事長、菅良二今治市長を刑事告発いたしました。今治市に対して加計学園の大学建設用地の返還と大学設置補助金の差し止めを求める住民訴訟も提訴され、12月20日に第一回口頭弁論が予定されています。大学の設置経費の見積の根拠を出してほしいという市民の要望に対して、加計学園および今治市は文科省からの指導により公表できないと説明してきました。文科省に確認したところ文科省の法令によるかかる指導の事実はないことを私たちは確認しております。加計学園および今治市は市民に対して全く誠実に対応しようとしておらず、ましてや住民訴訟や刑事告発までされるような建築費水増しによる補助金の詐取の疑いが晴れない状態では大学の設置に認可は甚だ不適当であると考えています。(刑事告発に対してはすでに560名の賛同者を得ており1万人の賛同者を集めるべく活動を続けます。)

② 8月23日に建築関係者の内部告発により加計学園の図面が公表されたことで、建築中の加計学園の施設が高度なウイルス研究を行うためには極めて不適切であるように見受けられるという専門家の指摘を受けています。「動線が全く考えられていない。あるべき設備がない。実験準備や器具の洗浄のためのスペースがどう考えても足りない。高度な封じ込め性能を要する建物で歪みやすい鉄骨造が不向きだ。手抜きの設計によってコストを安く浮かせ、差額分を横領する意図が見え見えであり、このような設計の施設で実験をした場合100%バイオハザードが起きる。」とまでの意見もありますが加計学園および今治市は大丈夫である、言うだけで第三者機関の意見をもらうなどの具体的な対応策を講じて来ませんでした。

③ 10月4日に開かれると漏れ聞こえていた大学設置審議会は10月22日の衆議院選の投票以降に開かれることになりました。報道でも言われているとおり、私たちは今回の解散総選挙が「加計隠し解散」であり加計学園の大学設置審査に対して極めて高い政治的意図が働いていたことを危惧しています。三権分立が前提の民主主義国家において前川喜平前事務次官が言われたとおり、政治によって行政がゆがめられることがあってはならないのではないかと私たちも強く思います。どのような組織においても正論だけでは成り立たない面があるというのは一定理解できます。しかし万が一、加計学園の設置認可に強い政治的意図が働き、その追及を受けたときに、国会において文科省官僚の皆さんが記録にない、記憶にない、というような答弁を繰り返したとしたら、すべての国民は学校で教育を受けている子どもたちに対して何を信じ勉学に励みなさいと説明すればよいのでしょうか。政治的意図を受けることなく厳正なる大学設置審査が行われることを切に望みます。

④ 今治市は建築単価およびバイオハザードリスク等について評価するため10月に第3者の専門委員会を設置しました。今治市での当該審査の結果が出てそれが市民に広く説明されてから大学設置審査の是非は決定されるべきだと認識しています。

■添付文書■
①加計孝太郎理事長、菅良二市長、安倍総理大臣に対する告発状
②建築中の加計学園施設に対するライフサイエンス専門家の意見
③「モリカケ共同追及プロジェクト」に対する賛同者リスト

■問い合わせ先■
「森友学園問題を考える会」 木村真大阪府豊中市岡上の町2-5-28-2F
Tel 06-6846-8358 E-mail toyonaka_kimura@yahoo.co.jp
「今治加計獣医学部問題を考える会」 共同代表 黒川敦彦愛媛県今治市末広町4-3-12
Tel 090-9117-8523 E-mail atsuhiko.kurokawa@gmail.com

================

安倍総理等への告発状ファイル → https://goo.gl/u5dJKG

================

※安倍総理への告発運動およびモリカケ共同追及プロジェクトへの賛同申し込みフォームから、賛同申し込みお願いします!

カンパ頂いた皆さまへのご連絡

◆◆◆超重要◆◆◆カンパしてくれた皆様へ

こちらからの事前のアナウンスが出来ておらず、大変申し訳ありませんが、

収支報告で法令上、ご寄付された方々の住所、名前だけでなく、職業、国籍の届け出が必要になります。

最初のほうは情報が「5万円以上の方」となっていましたが、間違いで、全ての方の情報が必要です。

すでに住所、氏名等の連絡いただいた方には、こちらからメールで追加情報のお願いのご案内を差し上げていますので、

democracy.monster@gmail.com

からきた返信メールに、履歴が確認できる状態でそのまま返信お願いします。

また、まだ全く情報を送っていない方は、
お手数ですが、

下記の入力フォームをご記入のうえ、
ご送信下さい。

入力フォーム→https://goo.gl/if9wqk

11月1日文科省での記者会見

報道各位

2017年11月1日(水) 13時より、
文部科学省記者クラブにて、

「モリカケ共同追及プロジェクト」木村真、黒川敦彦
「森友・加計告発プロジェクト」

の共同記者会見を行います。

解散総選挙も終わりましたが、
森友・加計問題に関して丁寧に説明するという安倍政権は

臨時国会も開かないまま加計学園の設置認可を
行うのではないかと噂されています。

10月に行われる予定であった大学設置審議会は、
選挙の影響で開催されず、

本来政治とは独立した審議を行うべき
大学設置審議会が大きく政治の影響を受けていることも
大変危惧しております。

私たちモリカケ問題を追及してきた市民団体としては、

10月16日に山口地検に対して

安倍晋三氏を加計学園建築に関わる補助金詐欺ほう助の罪状で
刑事告発しています。

11月1日午前、加計学園理事長加計孝太郎氏および
今治市長菅良二氏を刑事告発します。

刑事告発への賛同人は500名程度になっています。

今治市に対する加計学園建築に関する住民訴訟も
12月20日に第一回口頭弁論を予定しており、

様々な疑惑の解明がなされていない現状で、
文科省の大学設置審が加計学園の設置認可を行うことは、

到底妥当ではないと私どもは考えています。

かかる情勢の中、
私たちモリカケ問題を追及してきた市民団体としては、

今回の記者会見および関連行動にて、

以下のことを訴えたく、
プレスリリースをさせて頂きます。

何卒、お越し下さいますよう、
お願い申し上げます。

※当日配布予定の資料に関しましては、
本日夕方までのリリースにて事前に共有させていただきます。

▪️記者会見および関連行動スケジュール▪️
11時半〜 文科省1F正門前広場にて アピール街宣
13時〜 文科省記者クラブにて 記者会見
14時〜 大学設置室にて 意見書の提出(質疑時間あり)

▪️会見内容▪️
○安倍晋三氏・加計孝太郎氏・菅良二氏に対する刑事告発について
○加計学園の大学設置審査会に対する意見書の提出

▪️モリカケ共同追及プロジェクトおよび告発運動について▪️
https://goo.gl/uYYrmJ

▪️事務連絡先▪️「モリカケ共同追及プロジェクト」黒川敦彦
愛媛県今治市末広町4-3-12
Tel 090-9117-8523 E-mail atsuhiko.kurokawa@gmail.com

山口4区選の総括

黒川あつひこです。山口4区選に関わって下さった皆さま。本当に本当にありがとうございました。供託金300万円をかき集めて10月6日に山口に1人降り立ったときには事務所の宛もなく本当に何も決まっておりませんでした。下関、長門の皆さま、そして全国の皆さまが支えて下さった100%カンパとボランティアで戦い切った選挙でした。

有名人でもない1市民が政党や何の組織の後ろ盾もなく総理大臣とだって戦うことができる。今の世の中を変えるのに血を流す必要はない。選挙を通じて自分たちの意思を示すことができる。心からそれを実感した選挙でした。何より素晴らしい仲間、支援者の皆さまと一緒に作り上げた選挙であって、皆さまがたと過ごせたこの2週間は今まで生きてきた中で経験したことのないぐらい価値があり、何より素敵な時間でした。心より感謝しています。

選挙の結果としては落選。応援いただいたのに勝てなかったことに関しましては申し訳ありませんでした。中盤情勢までは安倍総理についで2位のメディア報道もあり最善を尽くしたつもりではありましたが、得票数としては6687票、4位でした。せっかく黒川あつひこに期待頂きました皆さまをがっかりさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。

ただ特に下関では選挙後のお疲れ様会に地元の方が30名も集まって下さり、今後も選挙に関わって下さった皆で、山口4区の選挙を盛り上げる市民運動を続けて行こう!ということになりました。単身山口に降り立った僕ですが、山口4区でも新しい仲間がたくさんできました。次回の山口4区選に僕が出るかどうかは未定としても、今後もかかわり続けようと思っています。

今回の山口4区選で、モリカケ問題の徹底追及と共に訴えた大きなテーマがありました。「消費税ゼロで景気回復」です。選挙戦後半、僕はモリカケ問題のことよりも、アベノミクスで賃金が5%も下がってしまったこと、なぜ人々の暮らしが苦しくなっているのか、税金はあるところからとってないところにまわせ、と経済政策について訴えました。全く無名の黒川あつひこの演説に対し、団地からわざわざ降りて来てくれて聞いてくれた方々、食事中お箸を持って飛び出してきたお父さん、いつまでもベランダから手を振ってくれた子どもたち、涙まで流して話を聞いてくれたお母さん、街宣での反応は参加した選挙関係者が今まで見たことがなかったぐらい大きなものでした。時間はかかるけど声は社会を変えるということ、そして人々がやっぱり暮らしのこと、特にお金のことについて高い関心を持っていることを痛感しました。

消費税はゼロにできる。消費税を導入したこの28年間で税収は55兆円のまま変わっていません。消費税を増税した分、法人税と富裕者の所得税を減税したのです。その結果は、社会が良くなったとは到底思えません。だから、「税金をあるところからとって、ないところに回せばいいんです。今は逆、貧しい人はますます貧しく、富める人はますます裕福になる社会です。そんなのおかしくないですか?皆さんの生活が苦しいのは皆さんが真面目に働いてないからですか?毎日夜遅くまで働いてつつましやかに暮らす皆さんが真面目に働いてないなんてことはないですよね?それは政治の責任なんです。だから選挙に行って政治を変えてください。」そう街頭で訴えました。少なくとも6687人の人はそれに共感し今回の選挙で黒川あつひこに未来を託してくださいました。

安保法廃止も9条護憲も脱原発も大事なのですが、今回の僕の選挙では一切どこにもそれを書きませんでした。○○反対じゃない庶民の暮らしを豊かにするための前向きな政治運動をこの山口4区選から始めたかったからなんです。当然、モリカケ問題の徹底追及は続けるのですが、僕が当面3年間でやりたいのは「庶民の暮らしを豊かにするための前向きな政治運動」です。

あまり他人様のことを批判すべきではないのですが、これだけは言わせてください。自民党から共産党まで、今の政党の党首、幹部の皆さんは、おそらく月末に10万円が足りなくて友人知人に頭を下げて回った、そんな経験を持たれてないと思います。簡単に経済、と言いますが、庶民の暮らし、庶民の苦しみ、をわかっているようには到底思えないんです。今、必要なのは本当に困っている庶民の暮らしに寄り添い、それを良い方向に変えて行ける実務的な政治だと思います。

今回の選挙戦の最終日、黒川あつひこのツイキャスは全国5位だったそうです。本当に多くの皆さまが山口4区での選挙戦の映像を見てくださました。僕の消費税ゼロで景気回復の演説もいやというほど聞いてくださった方が多数いらっしゃると思います。票には直接ならないかも知れませんが、消費税ゼロという政策論争を大きく打ち上げることが出来たことには大きな意味がありました。

今後の黒川あつひこの活動につても述べさせて頂きます。

○モリカケ共同追及プロジェクト全国ツアー
○下関市議会選2019年1月に候補を擁立し1議席増やす市民運動を行う
○今回使った街宣車が12月で廃車になるため新しい街宣車を作る
○今回の選挙を戦ったメンバーで選挙に出る人を応援するためのファンドを作る

最後に今回の選挙に特段の感謝を申し上げたい方が三人います。衆議院選の初日を含め2日も応援に駆け付けて下さった山本太郎参議院議員、下関での支持の基盤を作って下さった田辺よし子下関市議、選挙全体のプロデュースを担当してくださった斎藤まさし氏、本当に本当にありがとうございました。お三人の後押しがなければこのような多くの人に支援の輪が広がって行く素晴らしい選挙を行うことは出来ませんでした。心より感謝申し上げます。

そしてこれで本当に最後です。今回の選挙に関わっていただいた皆さま、本当に本当にありがとうございました!黒川あつひこ引き続きがんばりますので、これからも仲良くしてやってください!!

追伸: 今回の選挙でカンパしたけど連絡先を送ってない、という方は、金額によらず下記のURLのフォームから氏名・住所等をご送付ください。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

カンパ連絡先記入フォーム→https://goo.gl/9uNACW

注文フォーム「巨悪対市民 今治発!加計学園補助金詐欺の真相」販売について

黒川敦彦 編著の「巨悪対市民 今治発!加計学園補助金詐欺の真相」の書籍の販売についてです。

送料込で、

1冊  1500円
2冊  2760円
3冊  3960円
4冊  5160円
5冊  6000円
10冊 10500円 になります。
(10冊以上については、別途ご相談下さい)

です。

ご購入希望の方は、
下記フォームより必要情報をご入力のうえ、

下記の振込先に所定の金額を振込下さい。

入金確認後1週間程度でお届けいたします。

<振込先情報>

ゆうちょ間の送金
記号10100-番号87957861
クロカワアツヒコハンバイブ

他行からの振込
ゆうちょ銀行
〇一八支店
普通8795786
クロカワアツヒコハンバイブ

選挙カンパされた方へのお願い

このたびは、カンパありがとうございました。

選挙でのカンパにはお名前やご住所、国籍などをいただくことになっております。★1000円以下のカンパでも必要です★

そのため、お心当たりの方は以下のフォームから、お手数ですが送っていただけますでしょうか。

山口4区選の総括をまだお読みでない方は、こちらをお読みください。
このたびはご協力・ご支援、本当に本当にありがとうございました。
→https://goo.gl/xrcK6c

選挙ボランティア・カンパのお願い

みなさん、いつもありがとうございます。いまあと一歩のところまで来ています。日本を変える、未来を変えるために、どうかご支援をよろしくお願いします。

電話できる方はでんわ勝手連で、事務所にボランティア来られる方は事務所で電話、カンパするよ、という方は下記までよろしくお願いします。

ゆうちょ銀行
618支店
普通口座
0865969
クロカワアツヒコ

記号16150
番号08659691

選挙に関するカンパにつき、住所、氏名、電話番号を
democracy.monster@gmail.comまでお願いします!

安倍総理の刑事告発への賛同お願い

10月16日、山口地検に安倍晋三を刑事告発しました。

賛同いただける方は「モリカケ共同追及プロジェクト」発足声明、安倍総理への告発状を確認のうえ、

以下の賛同者フォームにご入力いただければ幸いです!!

・・・

「モリカケ共同追及プロジェクト」発足声明

9月26日(火)18時、大阪府豊中市の野田中央公園(元・森友学園「瑞穂の国記念小学院」建設地の隣)にて、「森友学園問題を考える会」木村真+「加計学園問題を考える会」黒川敦彦が「モリカケ共同追及プロジェクト」を発足しました。

加計問題で近日中に刑事告発を行います(今治市長に対する背任罪容疑)。これだけにとどまらず、今後、加計孝太郎理事長に対する詐欺罪容疑、安倍晋三総理大臣に対する詐欺ほう助容疑で、加計問題で連続的に刑事告発するプロジェクトの第一弾です。その発表のためのアピール・記者会見を準備していたところ、突然の解散・総選挙となりました。

ご存知の通り、森友学園問題では、7月・8月・9月と、次々と新事実が明らかになりました。これらにより、

①8億円の値引きの根拠とされたごみはなかったこと

②財務省もそのことは分かっていたこと

③「1.3億円程度」という売却金額に合わせてごみ撤去処理費の見積もりを行っていたこと

④格安の売却金額や異例の10年分納などは、全て財務省側がレールを敷いていたこと

・・・等々が、「完全に」と言ってよいほどにはっきりしました。

加計学園問題も同様です。

①行政がゆがめられたと指摘される異常な設立認可(文科省における正式認可は審議中)
②異常な補助金支出決定と建築費の水増しによる補助金の詐取疑惑
③手抜きの設計により100%バイオハザードが起こるとの指摘がある

など「異常づくめ」です。

「ここまで材料が揃えば、さすがにこれまでのような『知らぬ存ぜぬ』のふざけた対応は通用しない。秋の臨時国会が楽しみだ」と思っていた矢先、突然の冒頭解散・総選挙です。

あまりに露骨な「モリカケ隠し解散」です。

大阪地検特捜部も、恐る恐るながらも捜査を進めています。選挙の結果、自民党が勝つようなことがあれば、不起訴へと大きく傾いていくことも予想されます。

信じがたい、また許しがたい解散です。

もともと準備していたアピール(共同記者会見)ですが、安倍首相が解散を発表してから実際に解散する28日(木)までの間で、市民・国民をナメきった解散への抗議も込めてやろうということになりました。この共同記者会見をもって「モリカケ共同追及プロジェクト」を発足し、

①加計問題に関し安倍総理大臣を含む関係者への刑事告発運動を開始する
②1万人の賛同者を集めることをめざし選挙結果によらず年内全国で市民集会を実施する

を通じて「モリカケ隠しを許さない」国民世論をはっきりと見える形にして行きます。

最後に、市民運動にかかわる方々の中から結局選挙に負けてばかりで本当に落ち込んでいる、という声があります。憲法9条は9条、原発関係は原発関係、それぞれの組織間でいろいろな思惑上のコンフリクトが起こっており、市民と野党の共闘というスローガンは声高に叫ばれるものの、本当に市民の力を束ね社会を変えて行けるようなムーブメントにまでは未だ至っていません。

最近のヨーロッパや中東の革命はすべてがネット発・市民発でした。例えばイタリアの5つ星運動は設立から8年で15%以上の国政議席を得、未だ躍進しています。与党にも野党にも自分たちの気持ちは代弁できない、と政治腐敗の一掃を掲げ活動を開始したことで社会を変える新しい風を起しています。

今回のモリカケ共同追及プロジェクトが単なるモリカケ追及の枠にとどまらず、いい意味での全国の市民運動の新しい風になるようにリベラルな運営を努めたいと考えています。

皆さま、ご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします!

「森友学園問題を考える会」木村真
大阪府豊中市岡上の町2-5-28-2F

Tel 06-6846-8358 E-mail toyonaka_kimura@yahoo.co.jp

「今治加計獣医学部問題を考える会」黒川敦彦

愛媛県今治市末広町4-3-12

Tel 090-9117-8523 E-mail atsuhiko.kurokawa@gmail.com

モリカケ共同追及プロジェクト発足声明
https://goo.gl/Eyao41

・・・

安倍総理への告発運動、モリカケ共同追及プロジェクトへの賛同をいただける方は、以下賛同者申し込みフォームに記入ください!!

※安倍総理への告発状は賛同申し込みフォームの下に表示されています。

 

 

黒川あつひこ、衆議院選立候補の表明

ギリギリになりすみません。

黒川あつひこ、衆議院選、山口4区から
無所属で立候補することにしました。

山口4区、安倍総理のお膝元、
下関市、長門市です。

訴えたいことは2つです。

①モリカケ隠すな税金ドロボウ政治をやめさせます
②消費税ゼロは可能だ

です。

今回の民進党解体を目の当たりにし、

どう考えても加計隠し解散なのに、

加計問題という争点を声高に叫ぶ候補者は
ほとんどいなくなったり、

本当にショックでした。

加計問題を追及して都議選では、
安倍政権を瓦解させ、おい込んだと思ったらの、

#加計隠し解散、
さらに小池ゆりこまで出て来て、

争点はドンドンぼやけています。

小池新党へのバッシングもあり、
今のままではむしろ自民党が勝ってしまう。

自民党が勝ち、加計学園の設置認可が、
選挙後の10月23日以降、強行されてしまう。

今、強い危惧を持っています。

僕たちができ得ることでこの流れを変えるために、

山口4区から立候補し選挙の舞台で、
直接モリカケ問題について、

何より社会がいかに不公平で、
このままでは庶民の生活が疲弊してしまうことを、

訴えたいと思います。

もう1つにはただ反対を訴えるのではなく、

庶民が豊かになる経済政策として、
消費税ゼロは可能であると言うことを、訴え、

消費税ゼロ政策を推進する市民運動を、
この山口の地より始めたいと思います。

繰り返します。選挙での主張は2つです。

①モリカケ隠すな税金ドロボウ政治をやめさせます
②消費税ゼロは可能だ

・・・

手元に残っていた活動費150万円に

モリカケ問題を追及して来た仲間たちが
150万円足してくれて、

300万円の供託金を持って、
さっき山口駅に降り立ちました。

いつもながら、誠にお騒がせします。ただ、

「かくすれば かく なると知りながら
やむにやまれぬ 大和魂」

まさにそのような気持ちです。

全国市民の力を結集し、精一杯戦い抜きます。

そして最後に、毎度毎度で恐縮ですが、、

選挙資金がまだ200万円以上足りていません。
今月も黒川、頑張ったな、と思われる方は、

また1000円とかで構いませんので、
カンパ頂けると助かります。

支えて頂ける皆さまの代弁者として、
世直しを続けて行きます!

■カンパの振込先

ゆうちょ銀行 六一八支店 普通

0865969 クロカワ アツヒコ

16150-08659691

(郵便局間の振り込みの場合)

選挙に関するカンパにつき、住所、氏名、電話番号を
democracy.monster@gmail.comまでお願いします!

追伸: 遠方の方は、安倍総理の家の周りに
電話しまくる、選挙電話作戦に参加ください。

でんわ勝手連のやり方について、
また、明日ご案内いたします。