過去の発言に関する反省とお詫び

過去の発言に関する反省とお詫び

皆さま

拝啓 陽春の候 いかがお過ごしでしょうか。皆さま方におかれましては日ごろ森友・加計問題の追及運動への多大なるご支援を頂き本当にありがとうございます。

過去ツイッター上で不適切な発言がありました。発言により傷つけてしまった方がいらっしゃることを改めて深く反省し、ここにお詫び申し上げます。

過去に批判を受けて、ツィッター上で一部謝罪をしてはいたものの、不徹底で肝心のツィートを削除していませんでした。これは削除しない方が自分が何を反省して謝っているのかが伝わるのではないかと思い込んでいたためで、このたび様々な人からご忠告やご叱責をたまわり、逆効果であり誤解を招くとやっと理解したので削除することにいたしました。

過去のツイートを削除し、不快な思いをさせてしまった皆さまに重ねてお詫び申し上げます。

以下、それぞれの発言に対して不適切だったことをお詫びいたします。

「在日利権」という表現について

特定の人たちを指して貶めるような極めて不適切な表現をしてしまいました。

「田布施システム」という表現について

特定の地域の人たちの差別につながるものであり大変不適切でした。

「政党の動員」という表現について

特定の団体の人たちの活動を批判することにつながり不適切でした。

「あることないこと騒ぎましょう」

具体的な資料エビデンスに基づいた真相究明をすべきであり、あることないことという表現は不適切でした。

最後にツイートの内容に関することではございませんが、妻・黒川美樹は今治市議会議員であり加計学園の予算通過に賛成しているのはなぜかという問い合わせを受けます。妻は妻として私とは別の人格を持って一個人としてと同時に選挙で選ばれた一市議会議員として自分で政治的判断・意思態度決定しています。私黒川敦彦も今治出身の一人の人間として加計問題の真相究明に努めてきました。妻黒川美樹は彼女なりの判断で今治市民として市議会議員として政治活動を行っているのだと理解しています。私が彼女の政治的判断や政治的立場について代弁することは出来ませんので、必要だと感じる方は直接、黒川美樹に問い合わせてください。

以上、私の至らぬところにより、不快な思いをさせてしまった皆さまに、重ね重ね深くお詫びいたします。今後、襟をただし日々の活動にあたって参りますので、何卒、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具

黒川敦彦
愛媛県今治市末広町4-3-12
090-9117-8523 / atsuhiko.kurokawa@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です